« 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 | トップページ | 2014年度の国民経済計算確報 »

2016年1月15日 (金)

経済制裁の解除後も部品類の手当てが進まずお回復の遅れがある。

 

 サクソバンク(コペンハーゲン)の商品戦略責任者
   オーレ・ハンセン氏
は電子メールで長年にわたる制裁と投資不足の後、イランによる迅速な増産が可能か疑問だとの見解を示した。

 原油生産が設備等の修繕などの遅れからフル生産に達するまでにはさらに長くかかるだろうとの見方も示した。

 
 

 
   

« 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 | トップページ | 2014年度の国民経済計算確報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 | トップページ | 2014年度の国民経済計算確報 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ