« 1バレル=25ドルが目先の底値か? | トップページ | 米国サービス購買担当者景気指数(PMI)速報値が軟調となっていることは望ましい展開ではない »

2016年1月27日 (水)

中国株急落の影響が後退。

 
 

 中国株急落の影響が金融市場では和らぎ、欧州株は下げ幅を縮めた。
 また、原油相場も1バレル=30ドル台を回復した。

 

 中国の上海総合指数は6.4%安で終了した。
 子の動きを引き継いだストックス欧州600指数が一時2%下げたが、その後、戻した。
 MSCIオールカントリー世界指数も一時の0.8%安から下げ幅を縮め0.4%安となった。

 

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は0.3%高の
    1バレル=30.43ドル
だった。
 一時は29.25ドルまで下げた。

 これまで質への逃避で買われていた円は上げを消し、1ドル=118円29銭。ユーロは0.2%安の1ユーロ=1.0833ドル。

 

 
    

« 1バレル=25ドルが目先の底値か? | トップページ | 米国サービス購買担当者景気指数(PMI)速報値が軟調となっていることは望ましい展開ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国株急落の影響が後退。:

« 1バレル=25ドルが目先の底値か? | トップページ | 米国サービス購買担当者景気指数(PMI)速報値が軟調となっていることは望ましい展開ではない »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ