« 金相場 1オンス=1100ドル付近がレジスタンス | トップページ | 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 »

2016年1月15日 (金)

太平洋の海面水温低下してきた。

 

 世界的な異常気象の原因とされる
   エルニーニョ現象
の要因にもなっている太平洋の海面水温が下がり始めている。

 
 

 米国気象予報センター(CPC)は6月までにはエルニーニョ現象が完全に終息する可能性があると、述べた。      

 ただ、海面水温は低下しているものの太平洋の海面水温に対する大気の反応が依然として極めて強いため、エルニーニョが既に弱まりつつあるかどうかを判断するには時期尚早とのこと。

 

 

 

  

« 金相場 1オンス=1100ドル付近がレジスタンス | トップページ | 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋の海面水温低下してきた。:

« 金相場 1オンス=1100ドル付近がレジスタンス | トップページ | 下振れリスクをめぐる不安感は払しょくされそうにない。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ