« 円が主要16通貨に対し全面高 | トップページ | 与信の急拡大は強いリスクを生む。 »

2016年2月17日 (水)

メキシコのテレビ番組、女性司会者が生放送中にセクハラされ、激怒し退場

 

 スペイン紙エル・ムンドによると、2015年10月29日、メキシコのテレビ番組の生放送中、男性司会者は幾度となく女性司会者のスカートをめくり上げようとし、それが失敗に終わると、男性司会者は女性司会者の胸を触るなどセクハラをつづけ、憤慨した女性司会者が退場し話題となった。

 

   


 放送後、テレビ局は一連のやり取りが2人による演出であるとし、2人を解雇すると発表した。

 ただ、テレビ局の発表に対し、女性司会者は事実と異なると反論している。

 

 メキシコでは、15歳以上の女性の47%がセクハラに遭ったことがあると報道で伝えており、中でも女性司会者や女性記者の多くが被害に遭っているという。

« 円が主要16通貨に対し全面高 | トップページ | 与信の急拡大は強いリスクを生む。 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 円が主要16通貨に対し全面高 | トップページ | 与信の急拡大は強いリスクを生む。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ