« 米国の規則は、銀行が何ができるかについてあまり明確ではない。 | トップページ | 朝鮮半島で衝突起きれば2次大戦に匹敵する被害 »

2016年2月27日 (土)

2月の米消費者マインド指数確定値は速報値から上方修正

 

 ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は2月に
   91.7(前月 92)
と前月とほぼ変わらずであった。

 なお、事前予想値は91、速報値は90.7だった。  

 

 現在の景況感を示す指数は106.8(前月 106.4)に上昇した。
 速報値は105.8だった。

 

 6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は81.9(前月 82.7)と、5カ月ぶり低水準だった。  

 

 また、向こう1年間のインフレ期待値は2.5%で、前月と変わらずだった。

 5-10年間のインフレ期待値も2.5%(前月 2.7%)に低下した。

 長期的なインフレ見通しは、ミシガン大学が調査を開始した1970年代後半以来の最低に並んだ。

 

 
  

      

 
 

  
   
   

« 米国の規則は、銀行が何ができるかについてあまり明確ではない。 | トップページ | 朝鮮半島で衝突起きれば2次大戦に匹敵する被害 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月の米消費者マインド指数確定値は速報値から上方修正:

« 米国の規則は、銀行が何ができるかについてあまり明確ではない。 | トップページ | 朝鮮半島で衝突起きれば2次大戦に匹敵する被害 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ