« 砂糖の生産が需要を500万トン下回る。 | トップページ | 商品安の環境で高い収入を生み出すためには、鉱業関連資産はある程度苦戦 »

2016年2月26日 (金)

取引価格が下降する局面を生き延びる可能性

 

 ナショナル・バンク・ファイナンシャルのアナリスト
   カイル・プレストン氏(カルガリー在勤)
は24日、メディアとのインタビューで、エネルギー企業の厳しい決断が投資家によって報われていると述べ、北米の天然ガス生産会社、米国の
   チェサピーク・エナジー
とカナダの
   エンカナ
はコスト削減やリグ(掘削装置)の稼働停止を決断したことで取引価格が下降する局面を生き延びる可能性があると指摘した。 

 
 
 
 
 
 
ひとこと
 
 生産コストの削減が可能なのかどうかで稼働設備の利用度が変わる。
 シェールガス・オイルは生産量が一定な油井とは異なるようで安定的に生産できるかどうかが解らない。 
 
 
 
 
 
   

     

 

 

 

   

« 砂糖の生産が需要を500万トン下回る。 | トップページ | 商品安の環境で高い収入を生み出すためには、鉱業関連資産はある程度苦戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取引価格が下降する局面を生き延びる可能性:

« 砂糖の生産が需要を500万トン下回る。 | トップページ | 商品安の環境で高い収入を生み出すためには、鉱業関連資産はある程度苦戦 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ