« 新たな下振れリスクとして金融市場の波乱が経済を脅かす兆候? | トップページ | 石油輸出国機構(OPEC)との協調減産に踏み出せないロシア »

2016年2月16日 (火)

欧州の債券 スプレッド拡大は、パニックに陥る理由というよりも投資機会

 

 PIMCOのドイツのポートフォリオ運用責任者
   アンドルー・ボゾムワース氏
はメディアとのテレビインタビューで「周辺国に関する限り、中核国債に 対する利回り上乗せ幅という点で比較的安全だと思う」と述べ、「最近数日や数週間のスプレッド拡大は、パニックに陥る理由というよりも投資機会だと考えている」と続けた。  

 
 
 
 
 
ひとこと
 
 欧州経済の底力が発揮されれば景気回復の軌道に戻る可能性が高い。
 移民問題などもあるが、相互不信から強調する姿勢に舵を切り変える必要もある。
 
 イランへの核問題に伴う経済制裁の影響はギリシャ経済など東地中海の経済システムを破壊させたともいえるものだが、制裁解除で元に戻るきっかけが出来た。
 
 売り込まれていたギリシャ債券の価値が復活することになるだろう。 
 
 
 
 
 
       

« 新たな下振れリスクとして金融市場の波乱が経済を脅かす兆候? | トップページ | 石油輸出国機構(OPEC)との協調減産に踏み出せないロシア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新たな下振れリスクとして金融市場の波乱が経済を脅かす兆候? | トップページ | 石油輸出国機構(OPEC)との協調減産に踏み出せないロシア »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ