« 与信の急拡大は強いリスクを生む。 | トップページ | 金融市場の混乱による経済見通しで「下振れリスク高まる」 »

2016年2月18日 (木)

債務の対GDP比の上昇はシステミックリスクを生みかねない。

 

 中国の企業・家計債務は2015年末時点で対GDP比209%だった。

 S&Pのアジア太平洋地域ソブリン格付け担当シニアディレクター
   キム・エン・タン氏
は上海でメディアとのインタビューで、債務の対GDP比の上昇はシステミックリスクをもたらすと述べ、これは格付けに対する圧力を高め得ると続けた。

 
 
 
 

ひとこと

 富を生みだすのはモノに付加価値をつけることだ。
 日本の労働生産性が欧米に比べて低いのは、労働能力が低いのではなく、製品に付加価値をつけるのが薄いためだ。

 薄利多売ばかりでは労働時間が長くなるだけで労働の質が低下してしまう。
 過重労働や長時間労働を削減するにはモノへの付加価値をより高くする政策をとるべきだ。

 

 
  

« 与信の急拡大は強いリスクを生む。 | トップページ | 金融市場の混乱による経済見通しで「下振れリスク高まる」 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 債務の対GDP比の上昇はシステミックリスクを生みかねない。:

« 与信の急拡大は強いリスクを生む。 | トップページ | 金融市場の混乱による経済見通しで「下振れリスク高まる」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ