« OPECは非加盟国と20日にロシアで会合を開催 | トップページ | クルーズ上院議員がトランプ氏に対抗できる候補と主張 »

2016年3月 6日 (日)

中国 16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定

 

 中国の李克強首相は5日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当) の政府活動報告で、16年の経済成長率目標を6.5-7%にすると発表した。

 

 国民1人当たりの所得を10年比で倍増させるため、今後5年間は年平均で少なくとも6.5%の経済成長が必要だと強調、昨年の目標である7%前後から下げ、1995年以来となるレンジでの目標設定 となった。

 

 また、政府は貿易目標の設定を見送り、世界の経済成長の
   先行き不透明感
の強さが浮き彫りとなった。    

 財政政策を緩めるとともに、肥大化した国有産業の再編を加速する方針も示した。      

 

 

 

 

 中国共産党指導部は非生産的な国有資産の処理を加速する方針を掲げた。

 李首相は、政府が合併や再編を通じて非効率で非生産的な国有企業 であるゾンビ企業に対処する一方、こうした過程で削減された従業員らに対して1000億元(約1兆7500億円)を投じる考えを表明した。    

 

 金融面では、指導部が金利と人民元相場の自由化を進める方針も表明した。

 中国は人民銀行(中央銀行)でフォワードガイダンスのコミュニケーションを高める計画で、政策が透明性を欠いているとの批判を意識した可能性がある。    

 

 

 財政省は予算案で、16年の財政赤字が国内総生産(GDP)比で3%と、15年の同2.3%から拡大するとの見通しを示した。

 

 マネーサプライは13%増 と、昨年の12%増から加速する見込み。

 中国政府は住宅ローン融資の拡大を求めることなどで不動産市場を活性化する政策を進める方針。

 

 

  

 

   

« OPECは非加盟国と20日にロシアで会合を開催 | トップページ | クルーズ上院議員がトランプ氏に対抗できる候補と主張 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定:

« OPECは非加盟国と20日にロシアで会合を開催 | トップページ | クルーズ上院議員がトランプ氏に対抗できる候補と主張 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ