« 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない | トップページ | 中国 16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定 »

2016年3月 5日 (土)

OPECは非加盟国と20日にロシアで会合を開催

 

 ナイジェリアのカチク石油資源相は、3日、ナイジェリアの首都アブジャで開かれた会議で、石油輸出国機構(OPEC)の主要加盟国が20日、原油増産凍結合意についての協議を再開するため、ロシアで他の産油国と会合を開く方針であることを明らかにした。      

 この会合が開催されれば「価格は劇的に動く」との見通しを示した。

 サウジアラビアやロシア、カタール、ベネズエラは2月16日にドーハで、世界的な供給過剰に対処する取り組みの一環として、他の産油国が協調することを条件に増産を凍結するこ とで合意した。    

 

 同石油資源相は「サウジとロシアに加え全ての国々が協議の場に戻るだろう」と述べ、ほとんどの産油国は原油価格が
   1バレル=50ドル
に回復することを目指していると指摘しあ。    

 

 

 また、ロシア・エネルギー省はウェブサイトに掲載した文書で、同国が協議に加わる準備ができていることを認めた上で、会合の日程については依然として調整中と説明している。

 

 

   

« 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない | トップページ | 中国 16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OPECは非加盟国と20日にロシアで会合を開催:

« 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない | トップページ | 中国 16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ