« PIMCOのインフレ予想が債券市場で当たる? | トップページ | 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない »

2016年3月 4日 (金)

ネーションワイド  2月の英住宅価格が8カ月連続で値上がり。

 

 英国の住宅金融のネーションワイド・ビルディング・ソサエティーは2月の住宅価格は増税前に賃貸用の住宅を購入する動きが加速したと指摘した。

 8カ月連続の上昇だった。

 ネーションワイドが3日発表した資料によると、2月の平均住宅価格は前月比0.3%上昇の19万6930ポンド(約3160万円)だった。

 

 伸び率は前年同月比で4.8%と、1月の4.4%を上回った。    

 

 

 ネーションワイドは慢性的な物件不足に4月の印紙税率引き上げを前にした賃貸用住宅の購入加速が加わり、価格を押し上げたと説明した。

 失業者減少や借り入れコ ストの低さも需要を後押ししており、イングランド銀行(英中央銀行)は不動産市場のリスクの高まりを警告している。    

 

 

 一方、英国の金融大手ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスが同日発表した2月の平均住宅価格は前月比1.4%下落と、約4年ぶりの大きな下げとなった。

 なお、1月は1.7%上昇した。

 変動幅が小さい3カ月ベースでは、2月までの3カ月で3%値上がりした。 

 

 

   

« PIMCOのインフレ予想が債券市場で当たる? | トップページ | 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« PIMCOのインフレ予想が債券市場で当たる? | トップページ | 政策当局者らは性急に利上げを実施すべきではない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ