« 市場の調整的な値動き | トップページ | 制裁解除のイランによる2月産油量は1997年以来の大幅な伸び »

2016年3月15日 (火)

原油市場の需給ファンダメンタルズはなおも厳しい

 

 コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィラノヴァ)の
   スティーブン・ショーク社長
はメディアとのインタビューで生産水準を維持する話にイランは乗ってこないようだとの認識を示し、原油市場の需給ファンダメンタルズはなおも厳しいと続けた。

 

 この3週間は実際の強気材料がみあたらない中をショートカバーで上昇したが、ここに来て反落していると語った。

 
 
 
 
 
 
ひとこと
 
 欧米の経済制裁の解除に伴い市場に復帰したイランは消費者との距離がまだまだ遠いといった状態であり、自らの権益の回復のために生産量を抑える取り組みなどしないのが当然だろう。  
 
 
 
 
 
     

« 市場の調整的な値動き | トップページ | 制裁解除のイランによる2月産油量は1997年以来の大幅な伸び »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油市場の需給ファンダメンタルズはなおも厳しい:

« 市場の調整的な値動き | トップページ | 制裁解除のイランによる2月産油量は1997年以来の大幅な伸び »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ