« ブリュッセルでの爆破テロ受け金に逃避需要 | トップページ | クリントン、サンダース両氏が拮抗 »

2016年3月24日 (木)

工業部門の生産能力を削減して消費とサービスへの依存を高める改革が景気低迷を補えていない。

 

 中国の小規模企業が主な調査対象である中国民生銀行と華夏新供給経済学研究院が発表した3月
   民新購買担当者指数(PMI)
は43.6と2月に付けた過去最低の37.5から回復した。

 

 また、非製造業PMIも40.1と2月の37.5から上昇した。
 同指数は4000社余りの企業を調査対象としている。

 こうした企業景況感の指数などは、落ち込みのペースこそ緩やかになったもののいずれも縮小が続いていることを示した。

 工業部門の生産能力を削減して消費とサービスへの依存を高める金融・財政刺激策がいまだに景気回復を促すに至っていない。

 

 当局が発表した指標は1-2月の都市部固定資産投資や不動産販売が回復を示した。

 一方、輸出入が大幅に減少し、製造業活動はいまだに低調と強弱入り交じっている。


 

 マーケット・ニュース・インターナショナル(MNI)の3月の企業景況感指数は
   49.9
と、2月と同水準だった。

 

 同社は上海と深圳の証券取引所に上場する中国企業を対象に毎月調査を行い、指数を算出している。 

 
 
 
 
最近の経済・政治関連記事
 
 
 
 
 
 
 
   

 

« ブリュッセルでの爆破テロ受け金に逃避需要 | トップページ | クリントン、サンダース両氏が拮抗 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« ブリュッセルでの爆破テロ受け金に逃避需要 | トップページ | クリントン、サンダース両氏が拮抗 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ