« 投機的な動きを放置するのか? | トップページ | 明らかなリスクオフのパターン »

2016年5月 7日 (土)

1カ月当たり20万人を超えるペースでの雇用増がいつまでも続くことはない

 

 キャピタル・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト
   ポール・アシュワース氏
は1カ月当たり20万人を超えるペースでの雇用増がいつまでも続くことはないと述べ、経済の潜在成長率が2%未満の状況では、そうしたペースでの雇用増加は持続不可能だと続けた。

 また、 RBSセキュリティーズやモルガン・スタンレーのエコノミストは、4月15日が今回の統計の調査対象週に含まれたことから、半月ごとに支払われる給与の増加分が反映された能性が高いと指摘した。

 
 

   

« 投機的な動きを放置するのか? | トップページ | 明らかなリスクオフのパターン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 投機的な動きを放置するのか? | トップページ | 明らかなリスクオフのパターン »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ