« ソロス氏はポンド急落を警告 | トップページ | テロの容疑者の自爆ベストは偽物(ベルギー) »

2016年6月21日 (火)

シリア北部でISの戦闘員が政権側部隊を40人余殺害し撃退

 

 英国に拠点を置く非政府組織(NGO)
   シリア人権監視団
     (Syrian Observatory for Human Rights)
はシリア北部ラッカ県で20日、県都ラッカ市を「首都」と位置付けるイスラム教スンニ派過激派軍事組織「イスラム国(IS)」と、バッシャール・アサド政権の部隊の激しい攻防戦があったことを明らかにした。

 ISは19日遅くにアサド政権の部隊への反撃を開始した。

 

   

 

 政権側は今月3日にラッカ奪還作戦に着手し、ラッカの西約50キロのタブカ(Tabqa)へ向け約20キロ進撃していた。

 ISは反転攻勢の末、政権側部隊をラッカの行政域外に駆逐したことを明らかにした。
 ISはタブカ防衛のために、ラッカ市から数百人規模の戦闘員を送り込んだという。

 ただ、IS側の死者などは明らかになっていない。

 
 
   

« ソロス氏はポンド急落を警告 | トップページ | テロの容疑者の自爆ベストは偽物(ベルギー) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリア北部でISの戦闘員が政権側部隊を40人余殺害し撃退:

« ソロス氏はポンド急落を警告 | トップページ | テロの容疑者の自爆ベストは偽物(ベルギー) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ