« 金融政策は3次元緩和の効果見極め現状維持。 | トップページ | 英国民投票前に金融安定措置の変更の必要はない。 »

2016年6月17日 (金)

北朝鮮の「武器取引ネットワーク」を摘発

 

 米国の政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が16日、中国の対北朝鮮消息筋の話として、3月初めに大連の税関警察が北朝鮮との国境と接する遼寧省丹東市に出動し、北朝鮮と兵器部品や材料の密売を行ってきた密輸業者数十人を緊急逮捕し、調査に入ったと報じた。

 

 この密輸業者らは遼寧省の東港沖で、北朝鮮の軍需部門
   「第2経済委員会」
との間で武器取引を行っていた。

 公安当局は、彼らの関係先からコンピュータと各種文書、数百万元相当の金品を押収した。

 

さらには中国で活動する北朝鮮の工作員複数人を召喚しているという。

 

 密輸業者は、北朝鮮との間で電子部品やレアメタルの類を取引していたと推定されている。

 中国公安は密輸業者らの動向をかなり前から追跡調査し、国連の対北朝鮮制裁決議2270号を受けて摘発に動いたとされている。

 

 従来、中国の公安は北朝鮮の体制維持を重視し、中朝国境で活動する脱北者支援団体や北朝鮮の民主化グループを強くけん制してきた。

 中国が本気で動くなら、北朝鮮の工作活動は大きく制限されるが単なるデモンストレーションの類にも見える。 

 
 
 
 
ひとこと
 
 中国国内の政治闘争の影響もあるだろう。江沢民の派閥の排除を続けている習近平政権の指示で公安部門が動いているのだろう。
 
 軍部内での勢力を保持している江沢民派の追い落としはまだまだ続くだろう。 
 
 
 
   
   

« 金融政策は3次元緩和の効果見極め現状維持。 | トップページ | 英国民投票前に金融安定措置の変更の必要はない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の「武器取引ネットワーク」を摘発:

« 金融政策は3次元緩和の効果見極め現状維持。 | トップページ | 英国民投票前に金融安定措置の変更の必要はない。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ