« ブックメーカー市場でのオッズの動向は政治的イベント の方向のヒントになる。 | トップページ | 北朝鮮の「武器取引ネットワーク」を摘発 »

2016年6月16日 (木)

金融政策は3次元緩和の効果見極め現状維持。

  

 日本銀行は金融政策決定会合で1月に導入を決定したマイナス金利の効果を当面見極めるため
   政策方針の現状維持
を賛成多数で決めた。

 

 日銀の会合で現状維持となったことから東京外国為替市場の円ドル相場は直後に1ドル=104円台に急上昇した。

  

 なお、マネタリーベースが年約80兆円に相当するペースで増えるよう金融市場調節を行う方針や、金融機関の当座預金残高の一部に対するマイナス0.1%の金利も据え置いた。

 また、長期国債、指数連動型上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(J-REIT)の買い入れ方針も維持した。

 ただ、マイナス金利には木内登英、佐藤健裕の両審議委員が反対した。
 量的・質的緩和に対しては木内委員が引き続き反対した。

 
 

  

« ブックメーカー市場でのオッズの動向は政治的イベント の方向のヒントになる。 | トップページ | 北朝鮮の「武器取引ネットワーク」を摘発 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融政策は3次元緩和の効果見極め現状維持。:

« ブックメーカー市場でのオッズの動向は政治的イベント の方向のヒントになる。 | トップページ | 北朝鮮の「武器取引ネットワーク」を摘発 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ