« 武装集団が飲食店を襲撃 | トップページ | 国際社会をけん制する狙い »

2016年7月 3日 (日)

視点を変えても、間違いなく韓国を救った英雄

 韓国芸能界のガールズグループAOAメンバーの
   ジミン
が大韓帝国時代の朝鮮の独立運動家
   安重根(アン・ジュングン)
に関する発言について謝罪した。

   

   (出展:https://www.youtube.com/watch?v=-LVdNUn7zsM)

 

 なお、安重根の家は資産家であり、李氏朝鮮時代の最上位貴族階級である大地主(地方両班)の出身で、多数の土地から小作料を取って生活していた。

 安重根は、前韓国統監の伊藤博文を、1909年10月26日に北満州のロシアが権益を持つハルビン駅で暗殺し、韓国では「反日」が国是なので、日本の重要人物を暗殺した「抗日運動の義士」として祭り上げられている。

 

 李氏朝鮮はそもそも1392年に朝鮮族の王朝高麗で女真族出身の武将
   李成桂太祖
が恭譲王を廃して、自ら高麗王に即位したことで成立した。
 そのため、女真族出身の貴族階級が両班として組織化され、高麗貴族を奴隷化し身分制度を一変させ、血なまぐさい抗争が常に繰り返されていた。

 なお、明朝に朝貢する外交政策がとられ、清が中国を支配すると清に朝貢し中国王朝の冊封体制下にあった。

 蒙古軍が朝鮮半島を支配した時代、高麗王朝は元の支配下にあり、蒙古が半島から退却した際、済州島に蒙古族の一部が残ったといわれる。

 ただ、蒙古軍が南宋を亡ぼす前に金王朝を亡ぼしたが、この金王朝は女真族が支配していた王朝であり、女真族の軍人が蒙古軍に組み込まれていった。

 そのため、蒙古が朝鮮半島を支配するに際しても女真族の軍人が高麗王朝の軍事部門に組み込まれることになった。

 元の勢力が弱くなった時に女真族の軍人の一人であった李成桂が高麗王朝を亡ぼして朝鮮半島を支配していった。

 16世紀に豊臣秀吉が朝鮮半島に侵攻した時に、高麗王朝ゆかりの朝鮮人が日本軍の侵攻に協力し兵站線が確保で来たともいわれている。

 日本が退去したのち18世紀まで朝鮮半島で日本語が使用され続け、李氏朝鮮の厳罰とする命令が出されていた。 

   

   (出展:https://www.youtube.com/watch?v=sno_genwMz8

  ジミンは12日午後、自身のSNSを通じて「オン・スタイル『チャンネルAOA』の番組で歴史クイズコーナーを行った。

 偉人の写真を見て名前を当てるクイズを解く過程で安重根義士の写真を見て「アン・チャンホ」、「キム・ドゥハン」、「伊藤博文」と答えるなど歴史の知識が不足している姿を見せ軽い態度で放送に参加したことが一部韓国人に問題視され不適切な姿を見せたため「心より謝罪申し上げる」と伝えた。

  続けて、今回のことをきっかけに無知こそ最も大きな誤りであることを学んだと述べ、今後、芸能人としてではなく大韓民国の国民として
   「恥ずかしくない歴史観」
を持つために努力すると付け加えた。

  
 
 

ひとこと

 そもそも、朝鮮貴族の両班出身の安重根はキリスト教徒として
   甲午農民戦争(東学党の乱)
では東学党・農民軍とも戦っ自警団を組織して青溪洞に避難民や宣教師を保護した。
 父親の泰勲は反清勢力である開化派で親中国派の両班でもあった閔氏一族と敵対関係にあり、無理難題を押し付けられていた。

 そもそもは、安重根は反日思想の持ち主ではないことは周知のことで、南下するロシアに対抗するため平和を望んだクリスチャンであったという。

 また、日本や明治天皇に敬意と感謝の念を持っていたとされ、偏向的な韓国の反日教育により、日韓問わず安重根を「反日の象徴」として捉えるようになっている。。

 安重根は暗殺事件の裁判では、日本が、大韓帝国の皇太子、李垠(イ・ウン)の教育に尽 力したことに触れ、国民が感謝していると述べている。
 また、日清・日露戦争を通じて、日本が朝鮮半島を含む東洋の平和を守ったことも評価したうえ、明治天皇が韓国の独立をはかり、平和の維持に努めたことも理解していると発言している。

 安重根は暗殺した伊藤のことを「明治天皇の意向に反した政策を朝鮮半島で行う逆臣」と思い込んでいた節があり、伊藤が李垠を日本に招いて教育しており、日韓併合反対派の中心人物だったことを知らなかった。

 銃弾を3発被弾した伊藤にはしばらく意識があり、犯人が朝鮮人であることを聞くと
   「バカな奴だ」
とつぶやいたという。

 日韓併合に反対ならば、伊藤暗殺は犯しうる最大の過ちだったのもよく知られた事実だが、開明派が模索する中に日韓併合を進める勢力があり、閔姫一派の親清ともいうべき旧勢力の保守派との間で暗殺など血なまぐさい権力闘争が繰り返されていた。

 ただ、日韓併合で朝鮮半島は日本の一部となり、朝鮮人は日本国籍となったため、大日本帝国は国家の威信にかけて、朝鮮半島の衛生改善やインフラ整備、産業育成、教育レベル引き上げに取り組んだ。
 また、朝鮮民族の独自性も尊重し、ハングルを普及させている。

 結局、安重根による伊藤暗殺が日韓併合を招き、韓国近代化を加速させた結果から見れば、間違いなく韓国を救った英雄なのだろう。

 ジミンの「恥ずかしくない歴史観」を持つとの発言から、安重根が開明派の両班出身者であり、偽情報を吹き込まれ、それをかたくなに信じたせいで、祖国の大恩人である伊藤を暗殺する過ちを犯した史実を知る韓国人が増加していくことが予想される。 

 
   
 
  

« 武装集団が飲食店を襲撃 | トップページ | 国際社会をけん制する狙い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視点を変えても、間違いなく韓国を救った英雄:

« 武装集団が飲食店を襲撃 | トップページ | 国際社会をけん制する狙い »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ