« 国際社会をけん制する狙い | トップページ | 金融資産の移動においてはフランクフルトやダブリンとの激しい争奪戦が待ち受けている。 »

2016年7月 4日 (月)

米国の英国との直接取引については、米国にとっては大きな変化をもたらすことはない。

 

 米国連邦準備制度理事会(FRB)の
   フィッシャー副議長
は、1日、米経済専門局CNBCのインタビューで英国の欧州連合(EU)離脱については成り行きを見守る必要があると述べた。

 英国のEU離脱は明らかに
   英国にとっては極めて大きな出来事
であり、欧州にとっても重要な出来事だ。

 ただ、米国の英国との直接取引については、米国にとっては大きな変化をもたらすことはないものの余波が広がる可能性はあるとの認識を示した。

 

英国のEU離脱に伴い欧 州と英国では多くのさまざまなことが起こるだろう。

 われわれはそれらを考慮していく必要があると語った。

  
  
 
    

« 国際社会をけん制する狙い | トップページ | 金融資産の移動においてはフランクフルトやダブリンとの激しい争奪戦が待ち受けている。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国際社会をけん制する狙い | トップページ | 金融資産の移動においてはフランクフルトやダブリンとの激しい争奪戦が待ち受けている。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ