« 視点を変えても、間違いなく韓国を救った英雄 | トップページ | 米国の英国との直接取引については、米国にとっては大きな変化をもたらすことはない。 »

2016年7月 4日 (月)

国際社会をけん制する狙い

 

 中国海事局は3日、南シナ海の西沙諸島を含む一部海域で軍事演習を行うため、5日から11日まで船舶の進入を禁止すると通達を出した。

 なお、12日には、南シナ海をめぐってフィリピンが提訴した国際仲裁裁判所の判断が示される見込み。

 中国の軍事演習は、仲裁裁判所の判断が出される前に国際社会をけん制する狙いもあるとみられる。

 
 
    

« 視点を変えても、間違いなく韓国を救った英雄 | トップページ | 米国の英国との直接取引については、米国にとっては大きな変化をもたらすことはない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際社会をけん制する狙い:

« 視点を変えても、間違いなく韓国を救った英雄 | トップページ | 米国の英国との直接取引については、米国にとっては大きな変化をもたらすことはない。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ