« マナフォート氏は文書で、「簿外で現金を受け取ったことは全くない」と説明。 | トップページ | 建設業者の信頼感は引き続き堅調 »

2016年8月16日 (火)

ニューノーマルの時代では伝統的な政策手法の変更が正当化される

   米国サンフランシスコ地区連銀の    ウィリアムズ総裁 は、経済がニューノーマルの時代に入り、伝統的な政策手法の変更が正当化されるとし金融・財政政策当局に政策運営方法の見直しを促した。    総裁の分析では、景気を過熱も減速もさせない    自然利子率 が歴史的低水準にあり、その状態が継続するとの考えを軸としている。    米国政府にはよりうまく情勢の変化に対応するため    財政支援を強化 する準備を、金融政策当局には    低インフレ を目指す政策の撤廃検討を呼び掛けた。            

« マナフォート氏は文書で、「簿外で現金を受け取ったことは全くない」と説明。 | トップページ | 建設業者の信頼感は引き続き堅調 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« マナフォート氏は文書で、「簿外で現金を受け取ったことは全くない」と説明。 | トップページ | 建設業者の信頼感は引き続き堅調 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ