« シリアでの戦闘でクルド民兵がトルコ軍の戦車を撃破 | トップページ | どの程度追加利上げに積極的なのか »

2016年8月29日 (月)

FRBの雇用と物価に対する見方はサプライズだった。

 

 プリンシパル・グローバル・インベスターズの
   板垣均社長
はメディアの取材で、FRBの雇用と物価に対する見方はサプライズだったと述べ、9月の日銀政策決定が市場期待を裏切ると、また円高になる恐怖感があったが、FRBが助け舟を出してくれたことによって為替の先行きに安心感が出たと続けた。

 

 日本株は米国株に出遅れていたとし、 為替が
   1ドル=100-110円
で安定すれば株価指数は年内10%程度の上昇余地があるとの見通しを示した。

 
 
  

« シリアでの戦闘でクルド民兵がトルコ軍の戦車を撃破 | トップページ | どの程度追加利上げに積極的なのか »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FRBの雇用と物価に対する見方はサプライズだった。:

« シリアでの戦闘でクルド民兵がトルコ軍の戦車を撃破 | トップページ | どの程度追加利上げに積極的なのか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ