« キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 | トップページ | ECBにはユーロの決済業務を英国から取り戻す以外の選択肢はない »

2016年9月25日 (日)

冬場、内陸部に極端な豪雪との予測結果

 

 気象研究所(茨城県つくば市)のチームは23日地球温暖化がこのまま進むと、北海道や信越、北陸地方の内陸など一部の地域で、冬場の
   極端な豪雪
が増えるとするシミュレーション結果を発表した。

 今世紀末に世界の平均気温が3度以上高くなった場合に、日本の降雪がどう変化するかコンピューターで予測した。

 全国的には気温が上がって雪が減るものの地域によっては“どか雪”が降る気象条件が生じやすくなるとのこと。

 現在は10年に1度しか降らないような大雪がたびたび降る可能性が高まり、そうした場合の雪の量も増えると予測した。

 チームでは「温暖化が進んでも引き続き大雪への備えは必要だ」としている。

  
    

« キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 | トップページ | ECBにはユーロの決済業務を英国から取り戻す以外の選択肢はない »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬場、内陸部に極端な豪雪との予測結果:

« キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 | トップページ | ECBにはユーロの決済業務を英国から取り戻す以外の選択肢はない »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ