« 金利を引き上げないと「著しい不均衡」 を生み出す恐れがある。 | トップページ | キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 »

2016年9月24日 (土)

金利スワップ取引 の中心地としての地位を守る決意

 

  英国のハモンド財務相は今月、欧州の
   金利スワップ取引
の中心地としてのロンドンの地位を守る決意を表明した。

 しかし、フランスのオランド大統領やドイツの有力議員はユーロ建て決済業務は欧州域内で行うべきだとの考えを主張しており、英国の主張が通ることに銀行は懐疑的になっている。

 
 
 

ひとこと

 英国の国民投票で愚民政治家の主張を支持した国民が全ての責任を負うのは当然だろう。
 金融機関が莫大な資金を運用して世界各地の利権網を構築し、利益の恩恵を受けてきた英国が自らその利権を手放す意味が英国民が判っていなかったにすぎない。

 ユーロ決済業務も英国の金融機関に認めない可能性があり、多くの金融機関の決済業務に従事する人員がフランクフルトやパリに移動していくことになるだろう。

 国民を煽った政治家の主張を支持した結果だ。

  
   
   

« 金利を引き上げないと「著しい不均衡」 を生み出す恐れがある。 | トップページ | キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金利スワップ取引 の中心地としての地位を守る決意:

« 金利を引き上げないと「著しい不均衡」 を生み出す恐れがある。 | トップページ | キッチンからの煙と騒音で日常生活に支障 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ