« リビアの積み出し港から輸出が再開されるとのニュースで原油が下落 | トップページ | 「極めて移り気」な相場展開 »

2016年9月17日 (土)

このままいけば過去1年半で最悪の月となる見込み。

 

 投資会社のブラックロックのグローバル債券最高投資責任者(CIO)である
   リック・リーダー氏
はメディアの取材で「30年債にそれほど大きな価値はない」と述べ、米金融政策当局は「インフレを押し上げるだろう。そしてイールドカーブがスティープ化するだろう」と続けた。

 米30年債は9月に入って5%下落し同年債利回りが6月以来の高水準に押し上げられても魅力が薄れてしまっている。

 このままいけば過去1年半で最悪の月となる見込みだ。

 各国の中央銀行が景気刺激のために投じてきた
   金融政策の限界
を見極めつつあるとの見方が背景。

 なお、これまでイールドカーブはスティープ化が続いたが、この日は縮小した。

 

    

« リビアの積み出し港から輸出が再開されるとのニュースで原油が下落 | トップページ | 「極めて移り気」な相場展開 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このままいけば過去1年半で最悪の月となる見込み。:

« リビアの積み出し港から輸出が再開されるとのニュースで原油が下落 | トップページ | 「極めて移り気」な相場展開 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ