« ドット・プロットで政策金利見通しが下方修正された | トップページ | ドイツ銀行への政府支援に関する臆測には「根拠がない」ことと否定。 »

2016年9月27日 (火)

中国空軍は西太平洋上空で大規模な飛行訓練を実施

 

 中国国営メディアの「新華通信」は中国空軍が25日、西太平洋上空でソビエトのTu-16 爆撃機を中国が国産化した機体の
   戦略爆撃機H6K
やロシア製複座多用途戦闘機
   スホイ30
など40機余りの戦闘機を投入して戦闘巡航訓練を実施したと報じた。

  申進科・空軍報道官はこれについて「空軍編隊」が実戦能力を点検し
   東シナ海防空識別圏
での偵察任務も遂行したと述べ、国家の主権と安保守護のための訓練だったことを明らかにした。

 

  日本防衛省は同日、中国空軍機8機が午前に沖縄本島と宮古諸島の間の公海上を往復飛行して航空自衛隊戦闘機がスクランブルしたと発表した。

 

 防衛省は中国空軍機のうち2機は戦闘機と推定されることを明らかにした。
 なお、これまで中国軍の情報収集機などがこの空域を通過したことはあるが戦闘機は今回が初めて。

  
   
    

« ドット・プロットで政策金利見通しが下方修正された | トップページ | ドイツ銀行への政府支援に関する臆測には「根拠がない」ことと否定。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国空軍は西太平洋上空で大規模な飛行訓練を実施:

« ドット・プロットで政策金利見通しが下方修正された | トップページ | ドイツ銀行への政府支援に関する臆測には「根拠がない」ことと否定。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ