« 欧州株を買う最も強い根拠は? | トップページ | モスル市民を「人間の盾」にするIS »

2016年10月19日 (水)

サウジアラビアの財政赤字は970億ドル(約10兆円)

 

 サウジアラビアの財政赤字は2015年に
   970億ドル(約10兆円)
と、1991年以降で最大となった。

 

事情に詳しい複数の関係者は9月に、同国が今回の国債発行で
   100億ドル以上を
調達する可能性があると述べていた。

 サウジが国際市場で初となる国債発行の条件を投資家に提示したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 米国のシェールガス・オイルの生産拡大や景気低迷の影響から原油価格が大きく下落する中でサウジの財政赤字はここ20年余りで最大となっている。
 このため、財政を安定化させるため国債発行により資金を調達すると見られる。

  

 この情報は公になっていないとして匿名を条件にメディアの取材で語った。

 サウジはドル建ての5年債、10年債、30年債の発行を予定しており、価格ガイダンスでは米国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は5年債で約160ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、10年債で185bp、30年債では235bpとのこと。

 なお、発行価格は19日に決定すると見られる。

  
 
 

ひとこと

 OPEc加盟国の懐に入っている資金を表に出させる必要がある。
 優良な投資先は保有し続け、売り渡して資金を確保する動きが出てこない。

 産油国が発行する債券の価値が保証されるかどうか疑問だ。
 OPECが先進国の株式市場で優良な蚊部に資産を配分しているが、こうした資産は金の成る木であり、財政悪化したとしても売りだす可能性は低い。

  こうした資産を売りだすまでOPECの債券を買う必要はなく、債券を買えばどぶに金を捨てかねない判断になるだろう。

 
   
  

« 欧州株を買う最も強い根拠は? | トップページ | モスル市民を「人間の盾」にするIS »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビアの財政赤字は970億ドル(約10兆円):

« 欧州株を買う最も強い根拠は? | トップページ | モスル市民を「人間の盾」にするIS »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ