« ドイツ銀行 米国部門の縮小の可能性 | トップページ | 資本リスクを減らす措置 »

2016年10月18日 (火)

イラク軍  ISの最大拠点である「モスル」奪還作戦を開始

 

 イラクのハイダル・アバディ首相は17日未明、政府系テレビ局
   アルイラキーヤ(Iraqiya)
を通じて行った演説で
   「勝利の時が来た。モスル解放作戦が始まった」
と宣言、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が支配している北部モスルの奪還作戦を開始したと発表した。

 

 イラク軍と米軍主導の有志連合は最近、モスルの南方約60キロにあるケイヤラ(Qayyarah)周辺の拠点を奪還している。

 

国内最大の IS拠点であるモスル奪還に向け、包囲網を狭めていた。

 イラク軍最高司令官でもあるアバディ首相は、夜間に始まった今回の作戦の詳細は明かさなかった。

 なお、モスル市内に入るのはイラク軍と国家警察だけだと説明した。

 モスルは住民の大半をイスラム教スンニ派が占めている。

 

 2014年6月にISが同地を制圧した際には、シーア(Shiite)派主体のイラク治安部隊への反感がISの作戦を容易にした一因となっていた。

 

   

« ドイツ銀行 米国部門の縮小の可能性 | トップページ | 資本リスクを減らす措置 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク軍  ISの最大拠点である「モスル」奪還作戦を開始:

« ドイツ銀行 米国部門の縮小の可能性 | トップページ | 資本リスクを減らす措置 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ