« 過剰債務が景気減速を悪化させるという悪循環 | トップページ | ロシアがぶち壊した? »

2016年10月 8日 (土)

北朝鮮が長距離ミサイルを準備

 

 韓国メディアの朝鮮日報によると、米韓の情報当局は、北朝鮮北西部・東倉里にある
   長距離ミサイル発射場
で最近、要員や車両の活動が活発化していることを確認したと伝えた。

 韓国軍は北朝鮮が10日の労働党創建日に合わせて
   6度目の核実験
   長距離ミサイル発射
などの「戦略的な挑発」をする可能性が高いとみて、緊急態勢に入ったという。

 
 

ひとこと

 「戦略的な挑発」を繰り返して軍事的な技術の習得に一定の成果が上がっている北朝鮮だが、許容範囲のなかでの軍事技術の向上でしかないだろう。

 北朝鮮が軍事行動を起こしたとしても、ミサイル発射か砲撃程度でしか出来ないのが軍事的な見方だ。

 南侵するにしても、これまで抑え込まれてきた軍部内の不満が爆発し、軍事行動で必要な燃料が配布されれば、南侵ではなくクーデターが引き起こされ、平壌に進軍する軍区が多くなり、内戦に発展する可能性の方が高い。

 こうした視点から見れば、北朝鮮の軍事行動も短時間で壊滅させ無力化することは容易いことだ。
 そもそも、南侵した場合の兵站線が維持できないだろう。

 
 
  

« 過剰債務が景気減速を悪化させるという悪循環 | トップページ | ロシアがぶち壊した? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が長距離ミサイルを準備:

« 過剰債務が景気減速を悪化させるという悪循環 | トップページ | ロシアがぶち壊した? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ