« 許容範囲の下限とみられていた1ドル=6.7元を超える元安を容認 | トップページ | キルクークへのISの奇襲攻撃を撃退 »

2016年10月25日 (火)

繰り返しヘディングすることによる影響への懸念は高まっている。

 

 英国のスコットランドにある
   スターリング大学(University of Stirling)
の認知神経科学者
   マグダレナ・イエツワート(Magdalena Ietswaart)氏
はサッカーのヘディングをした直後に脳の機能が抑制され、記憶力テストの結果が著しく低下したと24日、英国公共放送BBCの取材で語った。

 また、脳の変化は一時的なものだが、サッカーのヘディングのように、これを繰り返すことで脳の健康に大きな影響を与えると考えられると述べた。

 複数の研究によって、サッカーボールを繰り返しヘディングすることによる影響への懸念は高まっており、特に引退した元選手に注目が注がれている。

 
 
   

« 許容範囲の下限とみられていた1ドル=6.7元を超える元安を容認 | トップページ | キルクークへのISの奇襲攻撃を撃退 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 許容範囲の下限とみられていた1ドル=6.7元を超える元安を容認 | トップページ | キルクークへのISの奇襲攻撃を撃退 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ