« 先週の米新規失業保険申請件数は前週比で3週ぶりに減少 | トップページ | 米国の経済統計では急回復を示唆するものは何もない »

2016年10月28日 (金)

ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容

 
 
 米国司法省が先月、問題のある証券の販売をめぐり
   140億ドル(約1兆4700億円)
の支払いを求めた。
 
 その後、ドイツ銀行の
   ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)

は株価下落の歯止めと顧客の信頼つなぎ留めに苦戦している。 

 

 アトランティック・エクイティーズのアナリスト
   クリス・ウィーラー氏
はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容であることは明白だと話した。

 
 
   

« 先週の米新規失業保険申請件数は前週比で3週ぶりに減少 | トップページ | 米国の経済統計では急回復を示唆するものは何もない »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容:

« 先週の米新規失業保険申請件数は前週比で3週ぶりに減少 | トップページ | 米国の経済統計では急回復を示唆するものは何もない »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ