« EUとできる限り緊密な関係を保つ方向に圧力はかけられるとの思惑 | トップページ | テーパリングとは? »

2016年10月14日 (金)

ユーロは、主要通貨の大半に対して上昇

 

 NY時間外国為替市場ではユーロが対米ドルで上昇した。

 UBSグループは欧州中央銀行(ECB)が債券購入策の
   テーパリング
を検討しているとの見方がユーロを適切な水準に近づけると指摘した。

 投資家は20日のECB金融政策会合に注目しており、ユーロは、主要通貨の大半に対して上昇した。

  
 
    

« EUとできる限り緊密な関係を保つ方向に圧力はかけられるとの思惑 | トップページ | テーパリングとは? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは、主要通貨の大半に対して上昇:

« EUとできる限り緊密な関係を保つ方向に圧力はかけられるとの思惑 | トップページ | テーパリングとは? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ