« ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容 | トップページ | 中国経済の回復が始まった? »

2016年10月28日 (金)

米国の経済統計では急回復を示唆するものは何もない

 

 ソシエテ・ジェネラルのシニア米国エコノミスト
   オメイア・シャリフ氏
はメディアの取材で米国の企業の設備投資は1年余り低迷から抜け出せておらず、9月の耐久消費財関係の統計を見ても急回復を示唆するものは何もないと述べ、第3四半期の成長を小幅ながら押し下げることになろうと指摘した。

 
   

« ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容 | トップページ | 中国経済の回復が始まった? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の経済統計では急回復を示唆するものは何もない:

« ドイツ銀行に関する「大きな不安材料」が米司法省との決着内容 | トップページ | 中国経済の回復が始まった? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ