« 米国の雇用統計 統計が位の失業者が増加中 | トップページ | 「安定した成長ペース 」を維持 »

2016年10月20日 (木)

米国雇用統計は鏡ではないようだ。

 
 

 民間シンクタンクの
   全米雇用法プロジェクト
でシニア政策アナリストを務める
   クレア・マッケナ氏
はメディアとの取材で失業保険申請のためのシステムを多くの州が更新中で、これが失業者の要請に応える上で深刻な障害となったケースが時にあると話した。

 

新システムの影響を特に受けやすいのは障害者や英語能力が十分ではない個人、高齢の労働者、識字障害のある人々という。

    
 
    

« 米国の雇用統計 統計が位の失業者が増加中 | トップページ | 「安定した成長ペース 」を維持 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計は鏡ではないようだ。:

« 米国の雇用統計 統計が位の失業者が増加中 | トップページ | 「安定した成長ペース 」を維持 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ