« 米金融当局が年末までに利上げするとの予想を強めている動き | トップページ | 核武装は北朝鮮の生存手段であり、非核化の見込みなどなし »

2016年10月26日 (水)

災害対策用の「自動おにぎり成形機」の費用はどこに消えた?

 

 北海道池田町は26日、今年4月に新設された
   町学校給食センター
に、1時間に1500個のおにぎりを作る
   災害対策用の「自動おにぎり成形機」
が「導入済み」とうその発表をしていたとして
   田中功教育長(59)
が引責辞任したと明らかにした。

 また、教育課長ら4人も、同日付で減給や戒告の懲戒処分にした。

 同センターは、機械が納入されていないのに、4月の内覧会で「導入済み」と説明したうえ、町の広報紙でも紹介していた。

 しかし、8月に池田町がある北海道十勝地方を相次いで台風が襲った際、センターの職員が手でおにぎりを握っていたことから、未設置が発覚した。

 
 

ひとこと

 単に辞任すれば良いわけではない。
 いったい誰が子の問題を引き起こしたのだろうか。
 災害対策用の「自動おにぎり成形機」が導入されたと発表した経緯がいまいちはっきりせず、費用は一体どこに消えた?

 
 
     

« 米金融当局が年末までに利上げするとの予想を強めている動き | トップページ | 核武装は北朝鮮の生存手段であり、非核化の見込みなどなし »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害対策用の「自動おにぎり成形機」の費用はどこに消えた?:

« 米金融当局が年末までに利上げするとの予想を強めている動き | トップページ | 核武装は北朝鮮の生存手段であり、非核化の見込みなどなし »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ