« 災害対策用の「自動おにぎり成形機」の費用はどこに消えた? | トップページ | 職場のメンタルヘルス対策が重要 »

2016年10月27日 (木)

核武装は北朝鮮の生存手段であり、非核化の見込みなどなし

 

 米国はミサイルや核技術の開発を行っている北朝鮮から守るため、中国の反対にもかかわらず、韓国に出来るだけ早く
   ミサイル迎撃システム「高高度防衛(THAAD)ミサイル」
あを配備する予定だ。

 米国の情報機関を統括する
   ジェームズ・クラッパー国家情報長官
                  (James Clapper)
は25日、米シンクタンク「外交問題評議会(Council on Foreign Relations)」のイベントで
   北朝鮮を非核化させること
は、恐らく、見込みのない努力だと指摘したうえで、北朝鮮が非核化を実行することはないとの認識を示した。
 そもそも、核武装は北朝鮮がが生き残るための手段だと語った。

 

北朝鮮に核開発計画を放棄させて朝鮮半島を非核化させる取り組みは失敗する運命にあるとの見方を示した。

 また、拘束されていた米国人2人の解放交渉のため2014年11月に北朝鮮を訪問した経験から「北朝鮮の目線で世界を見ると、彼らは世界に包囲され、非常に被害妄想的であることがわかる。核開発の能力を放棄するという考え方は持っていない」と述べた。


 米国務省のジョン・カービー(John Kirby)報道官はクラッパー長官の見方に反論したうえで、北朝鮮に対する米国の外交政策は「何も変わっていない」と強調した。

 
   

« 災害対策用の「自動おにぎり成形機」の費用はどこに消えた? | トップページ | 職場のメンタルヘルス対策が重要 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核武装は北朝鮮の生存手段であり、非核化の見込みなどなし:

« 災害対策用の「自動おにぎり成形機」の費用はどこに消えた? | トップページ | 職場のメンタルヘルス対策が重要 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ