« 中国の海上施設16基のうち、新たに2基でガス生産の際に出る炎が上がった。 | トップページ | 原油減産についてOPECで合意したが実際に供給が減少するのかどうか »

2016年10月13日 (木)

論理的な議論を交わすことができた(FOMC)

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC、9月20-21日開催)議事録を公表 した。

 議事録では金融政策当局者は利上げがもたらす効果について議論し
   「ぎりぎ りの判断」
で据え置きを決定した。

 幾人かのFOMCメンバーは「比較的早い」利上げが必要との見解を示した。

 また、幾人かのメンバーは委員会の予想にほぼ沿った形で経済 活動が展開されていけば、フェデラルファ ンド(FF)金利誘導目標 を
   比較的早い段階
で引き上げるのが適切だろうと判断したという

 今会合での「利上げ」あるいは労働市場とインフレに関して「追加情報を待つ」といういずれに関しても論理的な議論を交わすことができたという。

 
  

« 中国の海上施設16基のうち、新たに2基でガス生産の際に出る炎が上がった。 | トップページ | 原油減産についてOPECで合意したが実際に供給が減少するのかどうか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理的な議論を交わすことができた(FOMC):

« 中国の海上施設16基のうち、新たに2基でガス生産の際に出る炎が上がった。 | トップページ | 原油減産についてOPECで合意したが実際に供給が減少するのかどうか »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ