« トルコリラが暴落 | トップページ | ジャカルタで「中国系知事の発言」に反発し10万人のデモ、治安部隊と衝突 »

2016年11月 6日 (日)

10月の米雇用者数は前月比で増加

 

 米国の労働省が4日発表した雇用統計によると、10月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
   16万1000人(前月 19万1000人増)
の増加だった。
 速報値の15万6000人増から上方修正された。

 エコノミスト予想では17万3000人増だった。

 家計調査に基づく10月の失業率は4.9%に低下した。
 失業者が減少したものの、就業者も減り、労働力人口は19万5000人減少した。

 

 労働力人口の減少を背景に労働参加率は62.8%と、前月の62.9%から低下した。

 フルタイムでの職を望みながらもパートタイム就労を余儀なくされている労働者や職探しをあきらめた人などを含む広義の失業率は9.5%(前月 9.7%)に低下した。

 時給は前月比0.4%増の25.92ドルだった。
 前年比では2.8%増(前月2.7%増)となった。

 

週平均労働時間は34.4時間で前月から変わらず。

 民間サービス部門では教育・医療サービスの雇用者が5万2000人増加、専門・事業支援が4万3000人増えた。
 なお、小売りは1100人減少、また、電気製品販売店や衣料品店でも雇用が減少した。

 製造業は9000人減少した。前月は8000人の減少だった。


 
   

« トルコリラが暴落 | トップページ | ジャカルタで「中国系知事の発言」に反発し10万人のデモ、治安部隊と衝突 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の米雇用者数は前月比で増加:

« トルコリラが暴落 | トップページ | ジャカルタで「中国系知事の発言」に反発し10万人のデモ、治安部隊と衝突 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ