« 長期の金利見通し不透明 | トップページ | 金融の安定を脅かす恐れがあるとして「利上げ」を長く待ち過ぎることのリスク »

2016年11月17日 (木)

20年物利付国債(158回債)の価格競争入札の結果

 

 財務省が17日に実施した20年物利付国債(158回債)の価格競争入札の結果は、最低価格が100円40銭と、市場予想の100円65銭を下回った。

 

投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.17倍と前回の3.39倍から低下した。

 

小さければ好調とされているテール(最低と平均落札価格の差)は40銭と、前回の7銭から急拡大し、2014年11月以来の大きさだった。

 
 

ひとこと

 笛吹けど踊らずといった状況になりつつある。  

 
 
   

« 長期の金利見通し不透明 | トップページ | 金融の安定を脅かす恐れがあるとして「利上げ」を長く待ち過ぎることのリスク »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年物利付国債(158回債)の価格競争入札の結果:

« 長期の金利見通し不透明 | トップページ | 金融の安定を脅かす恐れがあるとして「利上げ」を長く待ち過ぎることのリスク »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ