« 米国債券は売り時 | トップページ | 米国の新たな通商政策と移民改革が重大な影響 を及ぼす可能性 »

2016年11月17日 (木)

欧州連合離脱の影響が出始めた。

 

 英国の失業率は7-9月(第3四半期)に11年ぶり低水準となった。
 国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した影響が
   雇用市場
に広がりつつある兆候が出始めてもいるという。

  

 英国政府統計局(ONS)が16日発表した雇用統計によると、第3四半期の失業率は
   4.8%(第2四半期 4.9%)
と前期を下回った。

 

雇用者数の伸びは4万9000人にとどまっており17万2000人増えた第2四半期からの減速を示した。

 第3四半期の失業者数は3万7000人減の160万人だった。
 一方、狭義の指標である失業保険申請件数は10月に3カ月連続で増加した。

 

10月の申請件数は前月比9800件増、9月は5600件増に上方修正された。

 

 第3四半期の平均賃金は前年同期比2.3%上昇した。
 賞与を除くと2.4%上昇で、前四半期の2.3%を上回る伸びだった。

 

EU離脱選択に伴いポンドが12%急落したことを受けた輸入物価上昇が出ており、インフレ率が来年約4%に達するとの予想もある。
 このため、実質賃金は一段と圧迫される見込み。

 
 

ひとこと

 為替の下落は価格競争力を高めると意見見えるが、労働力の価値を下げる芋を持っていることに注意すべきだ。

 同じものを買うにしても、より働くことを要求されるものであり、日銀のゼロ金利政策に伴う円安は日本人の労働価値を下げたうえ、日本円の価値を下げ、さらに国際資本が日本の資産を借りるのに費用がかからないということだ。

 こうした政策は輸出企業の懐を増やしているように見えるが日本の価値を安く海外に提供するものでしかないものであり、国益を害するものだ。

 
 
   

« 米国債券は売り時 | トップページ | 米国の新たな通商政策と移民改革が重大な影響 を及ぼす可能性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州連合離脱の影響が出始めた。:

« 米国債券は売り時 | トップページ | 米国の新たな通商政策と移民改革が重大な影響 を及ぼす可能性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ