« バランスのある選挙結果が必要。 | トップページ | クリントン対象であれば米ドル売りが強まる? »

2016年11月 8日 (火)

トランプ氏が大統領選で勝利すれば金融不安が大きくなる?

 

 共和党候補のトランプ氏が大統領選で勝利し、中国やメキシコ製品に対する関税強化や、北米自由貿易協定(NAFTA)撤回をすぐさま実行に移す意思をあらためて表明すれば、株式市場は急落する可能性が高い。

 

同氏が信頼できる代替案の提示もなく
   ドッド・フランク法
の即時停止など、金融システムの将来像に不透明感を生み出す流れが強くなれば金融市場の下げはいっそう大きくなる。

 株式市場の混乱が投資適格級とハイイールドの両方の社債にも広がり信用不安が増す区する可能性がある。

 

国債市場の反応では普通国債は低成長見通しとインフレ上昇期待の間で綱引きが続く見込み。

 

インフレ連動国債(TIPS)などインフレに敏感な証券は、財政政策主導によるインフレ加速の可能性が高まるため、市場がこれらの証券の見通しを上方修正することから、不透明性は後退するとの意見が多い。

 

 
  

« バランスのある選挙結果が必要。 | トップページ | クリントン対象であれば米ドル売りが強まる? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ氏が大統領選で勝利すれば金融不安が大きくなる?:

« バランスのある選挙結果が必要。 | トップページ | クリントン対象であれば米ドル売りが強まる? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ