« 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領への弾劾訴追案が韓国国会で提出か? | トップページ | 韓国大統領は末期的 »

2016年11月30日 (水)

朴大統領の談話は「退陣宣言」か?

 

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が29日、3回目の談話を発表し、任期短縮を含めた進退問題を国会の決定に委ねると表明した。

 与党セヌリ党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表は同日記者団に対し、「国政の混乱を最小化するために国会が決めたすべてのことに従うという話」と好意的に受け止め、火の粉を被るのを防ぐ意図からか、事実上の退陣宣言と評価した。

 そもそも、大規模集会などで国民が求めたものは朴大統領の退陣であり、今回の談話はその要求に対する朴大統領の答えだと考えると主張した。

 

 鄭氏は議員総会で朴大統領の談話について、「現職の大統領としてすべてのものを下ろすという意思の表明と考える」とした。

 
 

ひとこと

 前言を翻すことは、歴史を見れば枚挙にいとまがないくらい多くあり、韓国の政治の体質でもあり、意味がない「退陣宣言」となる可能性もある。

 
    

« 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領への弾劾訴追案が韓国国会で提出か? | トップページ | 韓国大統領は末期的 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朴大統領の談話は「退陣宣言」か?:

« 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領への弾劾訴追案が韓国国会で提出か? | トップページ | 韓国大統領は末期的 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ