« 欧州経済のインフレ率が2%弱の望ましい水準になるまでは、緩和的な金融政策は当然継続される。 | トップページ | モスル奪還作戦でシリアと結ぶ「イスラム国(IS)」最後の補給路を遮断 »

2016年11月26日 (土)

イランで列車同士が衝突

 

 イラン北部セムナン州で25日、首都テヘランと同国第2の都市マシュハドを結ぶ幹線鉄道で午前7時50分(日本時間午後1時20分)、北西部タブリーズからマシュハドに向かう途中で停止していた急行列車に、後続の旅客列車が衝突して炎上する事故があった。(関連記事

 緊急当局によると44人が死亡、82人が負傷した。

 調査によれば急行列車は、人為的ミスによって線路上に停止していたとされる。
 なお、追突された急行列車の2両が炎上、追突した側の列車の前方4両が脱線して横転した。

 
    

« 欧州経済のインフレ率が2%弱の望ましい水準になるまでは、緩和的な金融政策は当然継続される。 | トップページ | モスル奪還作戦でシリアと結ぶ「イスラム国(IS)」最後の補給路を遮断 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イランで列車同士が衝突:

« 欧州経済のインフレ率が2%弱の望ましい水準になるまでは、緩和的な金融政策は当然継続される。 | トップページ | モスル奪還作戦でシリアと結ぶ「イスラム国(IS)」最後の補給路を遮断 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ