« 保有していた金 を全て売却、世界の債券についてのポジションもショート | トップページ | 過激発言の後遺症が出始めた。 »

2016年11月11日 (金)

利回り上昇を見込んでいた少数派の資産運用会社の勝利

 

 利回り上昇を見込んでいた少数派の資産運用会社
   ルーミス
   フランクリン・テンプルトン
   ダブルライン・キャピタル
   ウェスタン・アセット・マネジメント
などの各社は米国債への弱気を維持したことで今週、勝ち組になった。

 なお、トランプ氏が財政出動で景気をてこ入れし、それに伴いインフレが高まる上に、国債発行が増えることによる需給悪化も見込まれている。

 大統領選挙投票日の11月8日までに米国債は年初から3.8%上昇していた。
 しかし、10日の10年債利回りはエコノミストやストラテジストが2018年までは達しないと考えていた2.15%で終了した。
 、

 
   

« 保有していた金 を全て売却、世界の債券についてのポジションもショート | トップページ | 過激発言の後遺症が出始めた。 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利回り上昇を見込んでいた少数派の資産運用会社の勝利:

« 保有していた金 を全て売却、世界の債券についてのポジションもショート | トップページ | 過激発言の後遺症が出始めた。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ