« 駐留米軍の経費肩代わりの要求を利用し、米軍の装備を日本に無償譲渡させるべきだ | トップページ | 通貨戦争の行方 »

2016年11月13日 (日)

トランプ次期大統領の政権移行チームのメンバーが明らかに

 

 ニュージャージー州知事の
   クリス・クリスティー氏
に代わり、マイク・ペンス次期米副大統領がドナルド・トランプ次期大統領の政権移行チームの責任者に就任する。

 なお、クリスティー氏は政権移行委員会に副委員長としてとどまるがこの動きは、大統領選の投票日の数日前にニュージャージー州で元側近2人がジョージ・ワシントン橋の車線閉鎖問題に関して有罪判決を受けたことに伴う降格処分と見られる。

 また、トランプ氏の子供であるドナルド・ジュニア、イバンカ、エリックの3氏に加え、義理の息子ジャレッド・クシュナー氏は政権移行委員会のメンバーに指名された。

 

この4人は選挙戦で肩書きがないものの目立った役割を果たした。
 ワシントンのベテラン政治家らとともに移行チームで正式な役割を担うことになる。政権移行チームのオフィスが11日に明らかにした。

 

 トランプ氏は自ら率いる巨大ビジネスの経営権を子供らに引き継ぎ、大統領就任時に利益相反問題を回避する計画。

 ただ、今回のメンバー指名でこの計画をどう進めるのか疑問の声が出てきている。

 

 副委員長にはこのほか、ジェフ・セッションズ上院議員、ギングリッチ元下院議長、ジュリアーニ元ニューヨーク市長、米国防情報局(DIA)のフリン元局長、大統領選の元共和党候補者ベン・カーソン氏が指名された。  

  

  同委員会には、ヘッジファンド運営会社デューン・キャピタル・マネジメント最高経営責任者(CEO)でトランプ陣営の全米財務担当を務めたスティーブン・ナチン氏やベンチャー資本家のピーター・ティール氏らも加わるという。

 
   

« 駐留米軍の経費肩代わりの要求を利用し、米軍の装備を日本に無償譲渡させるべきだ | トップページ | 通貨戦争の行方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ次期大統領の政権移行チームのメンバーが明らかに:

« 駐留米軍の経費肩代わりの要求を利用し、米軍の装備を日本に無償譲渡させるべきだ | トップページ | 通貨戦争の行方 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ