« 港町シルテでIS残党掃討 | トップページ | ツアー中止直後 カニエ・ウエストが「精神問題」で緊急入院 »

2016年11月23日 (水)

雇用が創出されている限り、金利上昇の影響は「最小限」にとどまる

 

 全米不動産業者協会(NAR)のチーフエコノミスト
   ローレンス・ユン氏
は10月の中古住宅販売件数の発表記者会見で、夏季に取り込めなかった累積需要が戻ってきた可能性があると指摘した。

 このところの金利上昇で、住宅販売も若干の落ち込みが見られ始めるだろうと続けた。
 なお、雇用が創出されている限り、金利上昇の影響は「最小限」にとどまるとの見通しを示した。

 
  

« 港町シルテでIS残党掃討 | トップページ | ツアー中止直後 カニエ・ウエストが「精神問題」で緊急入院 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 港町シルテでIS残党掃討 | トップページ | ツアー中止直後 カニエ・ウエストが「精神問題」で緊急入院 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ