« 空母「遼寧」 と中心とした艦隊の訓練は年度計画内の通常の訓練 | トップページ | 今年も良い年になりますように »

2016年12月31日 (土)

内戦下のシリアで30日、停戦合意が発効

 

 内戦下のシリアで30日、反体制派を支援するトルコと政権側を支援するロシアの両国が仲介した停戦合意が発効した。

 初日には同国全土で停戦合意がほぼ遵守されたが、在英のNGO「シリア人権監視団」によると、停戦発効初日となった30日、ダマスカス近郊のワディ・バラダ地域で、ヘリコプター部隊が反体制派の拠点に攻撃を実施したが、どちら側が先に攻撃を仕掛けたかは明らかでない状況

 同地域では、反体制派がダマスカスへの水供給を停止させており、合意の脆弱さが浮き彫りになっている。

 シリア全土で停戦が実施されるのは今年9月以来のこと。

 

カザフスタンでロシア、トルコ、イランの3か国が共催する
   和平協議
に向けた布石となることが期待されている。

  
   

« 空母「遼寧」 と中心とした艦隊の訓練は年度計画内の通常の訓練 | トップページ | 今年も良い年になりますように »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内戦下のシリアで30日、停戦合意が発効:

« 空母「遼寧」 と中心とした艦隊の訓練は年度計画内の通常の訓練 | トップページ | 今年も良い年になりますように »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ