« ECBが資本基準を引き下げ欧州金融機関の財務運営が有利に | トップページ | 不動産の売買が悪化(NAR) »

2016年12月28日 (水)

全米ベースの価格指数は前年比+5.6%の上昇

 

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、10月のコアロジック/ケース・シラー指数を発表した。

 米国の主要20都市住宅価格指数(前月比を除き季節調整前)は10月に
    前年比+5.1%
上昇し、着実なペースでの伸びを維持した。

 

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の住宅価格指数委員会の

   デービッド・ブリッツァー委員長
は発表に際し、「住宅価格と経済」はともに堅調が続いている述べた。
 
 ただし住宅ローン金利は11月に上昇しており、今後も一段の上昇が見込まれると指摘した。
 

 また、住宅価格の上昇ペースは、賃金・個人所得の伸びを上回る状況が続いていると続けた。

 
     

« ECBが資本基準を引き下げ欧州金融機関の財務運営が有利に | トップページ | 不動産の売買が悪化(NAR) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全米ベースの価格指数は前年比+5.6%の上昇:

« ECBが資本基準を引き下げ欧州金融機関の財務運営が有利に | トップページ | 不動産の売買が悪化(NAR) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ