« パリでネズミが大発生し一部の公園が閉鎖 | トップページ | ロシアの介入をめぐるCIAとFBI、NSAの意見が一致? »

2016年12月18日 (日)

パプアニューギニア沖でM7.9の地震

 

 米地質調査所(USGS)によると、パプアニューギニア沖で17日
   マグニチュード(M)7.9
の地震があった。

 この地震で太平洋津波警報センター(PTWC)は津波警報を発令した。

 PTWCはパプアニューギニア、ソロモン諸島、インドネシア、ナウルの沿岸部に今後3時間で津波が到達する可能性があると発表した。

 USGSによると、地震があったのは現地時間午後8時51分(日本時間同日午後7時51分)で震源はパプアニューギニア・ニューアイルランド島タロンの東60キロの沖合で、震源の深さは約75キロという。

 
   

« パリでネズミが大発生し一部の公園が閉鎖 | トップページ | ロシアの介入をめぐるCIAとFBI、NSAの意見が一致? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パプアニューギニア沖でM7.9の地震:

« パリでネズミが大発生し一部の公園が閉鎖 | トップページ | ロシアの介入をめぐるCIAとFBI、NSAの意見が一致? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ