« 外為市場 年内は新規手掛かりに乏しい。 | トップページ | 全米ベースの価格指数は前年比+5.6%の上昇 »

2016年12月28日 (水)

ECBが資本基準を引き下げ欧州金融機関の財務運営が有利に

   

 欧州中央銀行(ECB)は
   ドイツ銀行
が2017年に達成しなくてはならない資本基準を引き下げた。

 ECBの検証・評価プロセス(SREP)に基づくドイツ銀行の普通株式等
   Tier1(CET1)自己資本比率
は、来年の最低基準が9.51%に定められたことを27日、ドイツ銀行が発表した。

 現在の最低基準は10.76%で、行が最後に報告したCET1比率は12.58%だった。

 

 ECBが資本基準を設定する手法の変更で、欧州の大手銀行の
   財務運営
が有利になるケースが増えたことが背景。

 ドイツ銀行は先週、住宅ローン担保証券の販売をめぐる米司法省の調査について
   72億ドル(約8500億円)
を支払うことで決着した。

 今回の資本基準の緩和は同行に対する不安をさらに和らげる可能性がある。

 
   

« 外為市場 年内は新規手掛かりに乏しい。 | トップページ | 全米ベースの価格指数は前年比+5.6%の上昇 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECBが資本基準を引き下げ欧州金融機関の財務運営が有利に:

« 外為市場 年内は新規手掛かりに乏しい。 | トップページ | 全米ベースの価格指数は前年比+5.6%の上昇 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ